市況分析(6月29日前場情報)

市況分析(6月29日前場情報)

日経平均株価は108円高の20238円で前場を終了。昨夜の米国市場は、NYダウ、ナスダック指数共に反発し大きく上昇。前日のドラギ総裁発言に対して、ECB関係者が早期の金融緩和縮小を否定する発言が伝わり、安心感から米国市場でも買戻しが強まると言う展開に。
金融株がNYダウの上昇を牽引し、IT関連にも買戻しが強まりナスダック市場の上昇を牽引。
ECBのドラギ総裁発言もグーグルへの制裁金報道も、株式市場への悪影響は一過性となり、本日の日本市場も買い先行の展開で日経平均は反発。
昨日の日本市場のムードとしては、米国株の下げに対して一過性で終るのか?数日下げが続くのか?やや不透明感も有りましたが、昨夜の米株反発を受けて今日は日本市場でも安心感が強まると言う展開です。
今日は買い先行で始まり日経平均は寄り付き直後に20266円まで上昇、しかし買い一巡後は戻り売りに押されて若干上げ幅を縮小。
これまで同様に、下値は底堅いものの上値も重いと言う状況は変わらず、今日も個別物色が中心の展開になっています。
しかし上値が重いからと言って弱気になる事は有りません、テクニカル的には上昇トレンドは維持しながらの2万円台の値固めを進めていると言う状況ですので大局的に見れば強含みの状況です。
円相場も112円台まで円安が進み、米欧の金融政策はこれまでに進めた金融緩和を縮小する方向。
一方日本は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。