市況分析(6月30日前場情報)

市況分析(6月30日前場情報)

日経平均株価は219円安の20000円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に大きく下落、前日には急反発した米国株でしたが、昨夜は再度売り直されると言う展開になりました。
欧州金融政策を巡る思惑に一喜一憂していると言う状況ですが、昨夜は欧州金融政策が正常化に向けて動き出したとの見方が強まり、株式市場も売り直されると言う展開でした。
しかし本質的に考えれば、欧州金融政策が正常化に向けて動けると言う事は欧州経済が良好で有ると言う事。
景気が良いと言う本質を考えれば、金融政策の正常化に向けた動きも悪影響は一過性です、さほど弱気になる事は無いと思います。
昨夜の米国株が大きく下落した事から本日の日本市場も売りが先行する展開で日経平均は大きく下落。
この所膠着した展開が続いていましたので、想定外の大幅安ですが、テーマ株や小型材料株などへの悪影響は限定的です。

今日は日経平均も米国株の大幅反落を受けて大きく下げていますが、円相場は111円台後半で推移し、原油相場も目先の底を打って直近は上昇基調、現在45ドル程度ですので、日経平均の下げも一過性のものだと思います。
米国株の下落も買われ過ぎた半導体株やIT株に対するポジション解消売りが続いているだけの事で、大きなトレンドに変化が生じている訳では有りません。
米国株の下落も、日経平均の下落も、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。