市況分析(6月30日後場情報)

市況分析(6月30日後場情報)

日経平均株価は186円安の20033円で終了。昨夜の米国株安と円高進行で今日は日本市場も売りが先行する展開で始まり日経平均も一時2万円を下回り19946円まで下落。
しかし目先の売りが一巡した後は押し目買いで下げ渋り、円相場が円安に振れると日経平均も徐々に下げ幅を縮小。
大引け前には円相場は112円台を回復し日経平均も2万円台を回復、予想外の大幅安にはなりましたが、テクニカル的に見れば25日移動平均線で下げ止まると言う展開です。
又、テーマ株や小型材料株など、個別物色で買われて来たような銘柄にはさほど悪影響も無く、値動きも総じて底堅い展開でした。
来週以降は、今夜の米国株動向や円相場次第では日経平均はもう一段の下げも有り得ますが、テーマ株や小型材料株などに関してはさほど警戒する必要は有りません。
日経平均や円相場の値動きに一喜一憂せず、銘柄重視の投資をする限り、引き続き強気スタンスで対応して良いと思います。

米国市場では半導体関連などハイテク系の銘柄やIT系の銘柄などに売りが強まっていますが、ざっくりと言えばこれまでにやや買われ過ぎましたのでその反動安のようなものです。
又、米国に続いて欧州でも金融緩和政策の縮小議論が出て来た事で、これまで株式投資に投じられていた資金が回収されて需給が悪化するのでは?との警戒も出始めています。
しかしその様な資金は主に米国市場に投じられており、日本市場への悪影響は限定的です。
又、米国株に比べて日本株には割安感も有ります、割高に買われ過ぎている米国株に比べて、割安に放置されている日本株。
その様な状況を考えても、日本株に関してはさほど警戒する必要は有りません、米国株が下落すればそれなりには日本株にも悪影響は有りますが、その影響は限定的だと言う事です。
又その限定的な悪影響も主力銘柄に対してであり、テーマ株や小型材料株に対してはほとんど悪影響は無いと思います。
仮に狙う銘柄が連れ安するようなら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。