市況分析(6月5日前場情報)

市況分析(6月5日前場情報)

日経平均株価は28円高の20205円で前場を終了。先週末2日の米国市場は、NYダウ、ナスダック指数共に上昇して続伸。注目された米5月雇用統計が強過ぎず、弱過ぎず、ほど良い結果になった事が好感されたと言う感じ。
雇用者数の増加は市場予想を下回ったものの、失業率は約16年ぶりの水準に低下、この結果、6月の利上げは確実視されていますが、その先は緩やかな利上げになるとの見方が強まり株式市場にはほど良い結果に。
簡潔に言えば、米経済は過熱感無く成長が続いている、今後の利上げペースも緩やかに進む、このような見方が米国市場を支配しています。
米雇用統計の結果を受けて為替市場では円高が進み本日の日本市場では円相場は110円台の半ばで推移。
先週は円安が進み日経平均も上げ幅を広げましたが、今日は円高が進んでいますので日経平均も小幅反落でスタート、しかし売り一巡後は切り返してプラス圏に浮上、小幅高で前場を終了しています。
先週日経平均が大きく上昇している事を考えれば今日の値動きも底堅さを感じる展開です。
一旦目先の利食いが出て来る事は致し方有りませんが相場の地合いは依然強含み、今日は膠着した展開ですが大きな流れは上向きと言う状況に変わりは有りません。
今週は8日に英国の総選挙が有り、加えて8日には米FBI前長官のコミー氏の議会証言も有ります。
週末の9日はメジャーSQでも有り、今週は投機筋の動き次第では上下どちらにも大きく振れると言う可能性も有ります。
しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。