市況分析(6月6日前場情報)

市況分析(6月6日前場情報)

日経平均株価は144円安の20026円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に小幅安の展開。英国でのテロや、サウジなど中東諸国がテロ組織を支援したとの理由からカタールとの国交を断絶した事などが警戒されて株式市場も売りが優勢に。
8日にはコミー前FBI長官の議会証言が有り、英国でも総選挙が控えていますので、様子見ムードが強まる中でポジション解消売りを優先する動きが強まったと言う感じです。
本日の日本市場も昨夜の米国株安と円高進行を受けて売り先行の始まりで日経平均も下げ幅を拡大。
直近大きく上昇している日経平均ですので、一旦適度な調整安が有る事は想定内の事です、今日の下げも適度な調整安、そう言う意味ではさほど気にする事も有りません。
週末にはメジャーSQも控えていますので、売り方と買い方の攻防を考えれば、日経平均も一本調子の上昇が続く可能性は少なく、2万円以上の水準ではそれなりの攻防は有ると思います。
現在5日移動平均線は19900円付近に位置しており、25日移動平均線は19700円付近に位置しています。
単純に移動平均線との上方乖離を考えれば今の株価水準は若干上に伸び切っていると言う状況です。
簡潔に言えばやや上がり過ぎと言う状況ですので、妥当な水準に戻ると言う動きが今日の下げになります。
一時的に上がり過ぎたり、一時的に下がり過ぎたりするのが株価でも有ります、時には行き過ぎると言う事も有りますが、最終的には妥当な水準に戻り、再度大きな流れに沿っての動きに戻ります。
今の日本市場は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。