市況分析(7月18日後場情報)

市況分析(7月18日後場情報)

日経平均株価は118円安の19999円で終了。円高を背景に売りが強まり日経平均は3日ぶりに反落。
円高に加えて安倍政権の支持率が29%台まで下落した事も売り材料に、しかし日経平均に関しては2万円を挟んでの上下動と言う展開が大方の見通し、特に悲観的になる事は無いと思います。
当面は円高の一服を待つと言う事になると思いますが、円高と言っても110円台を維持している状況では日本企業への悪影響もさほど有りません。
お昼にも述べた事ですが、今週は米主要企業の四半期決算発表も本格化します、米国株も企業決算睨みで一喜一憂すると言う展開になります。
当然日本市場でも米国株の値動きに一喜一憂すると言う展開になりますので日経平均に関しては米国睨みで日々上下に振れると言う展開になると思います。
しかしこれまでにも繰り返し述べて来たように、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。