市況分析(7月25日前場情報)

市況分析(7月25日前場情報)

日経平均株価は100円高の22610円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウは主要企業の好決算発表が好感されて大きく上昇、4営業日ぶりに反発しました。

航空機・機械大手のユナイテッド・テクノロジーズや工業製品・事務用品大手のスリーエム、通信のベライゾンが共に好決算を発表、3銘柄でNYダウを50ドル程度押し上げると言う結果に。

原油先物相場の上昇も石油関連株の上昇に繋がり指数の上昇を牽引、長期金利の上昇を背景に利ザヤ拡大期待から金融株も買われると言う展開になりました。

ハイテク株が多いナスダック指数は開始直後は上げ幅を広げましたが、買い一巡後は売りに押されて小幅安で終了。

ハイテク株には直近上昇が続いた銘柄が多かった事も有り、昨夜は目先の利食いが強まったと言う感じです。

米国市場の現状としては、米中、米欧貿易戦争激化への警戒は有りますが、堅調な米国経済を背景に良好な企業業績への期待が根強く、27日に発表される米第2四半期GDPでも近年には無い高い伸びが期待されています。

政治的な問題は多々あれども、実体経済の好調が米株式市場を支えている、一時的な乱高下は有っても、米経済の好調が続く限り、米株式市場も堅調な展開が続きそうです。

本日の日本市場ですが、中国の景気対策発動への期待が今日も続き日経平均は上昇、円相場はさほど大きな変動は無く今日は111円台の前半。

米欧首脳会談で自動車・自動車部品を巡る関税がどうなるのか?今月末の日銀金融政策決定会合でどのような政策変更がなされるのか?

今日の日経平均は上昇していますが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。