市況分析(7月9日後場情報)

市況分析(7月9日後場情報)

日経平均株価は264円高の22052円で終了。先週末の米国株が上昇し、米6月雇用統計も市場予想を上回る結果に、加えて中国株も上昇し、日経平均は今日も買い戻しが先行する展開で続伸。
円相場に関しては今日は特に動きは無く110円40銭程度での膠着した値動きになりました。
日経平均は先週末に反発し、今日も上昇して続伸。
米中共に追加関税の第1弾が発動された事で一旦目先の悪材料も出尽くし、その様な反応になっています。
加えて今週末にはSQが控えていますので、先週まで売り込んでいた投資家の買い戻しの動きが先週末から本格化していると言う感じです。
先週末は出来高が14億株程度、今日は12億株程度と商いは低調です、本格的な底打ちなら出来高や売買代金も増加しますので、低調な商いで株価が上昇していると言う事は買い戻しによるリバウンドとの見方になります。
更に言えば日経平均の上昇も先物主導の展開で、先物に振らされている日経平均と言う状況です。
週末のSQに向けて今は買い戻しの流れになっていますのでもう一段上昇は期待出来ますが、その様な上昇も一過性、SQに向けての買戻しが一巡した後には再度売りが強まると思います。
但し米中貿易戦争を巡る状況に好転の動きがなければと言う前提です、米中貿易摩擦を巡る状況も流動的で不透明ですので、状況がもう一段悪化する可能性も有れば、状況が好転する可能性も有る、現時点ではどちらの展開も有り得ると思います。
株式市場の現状としては、トレンドとしては短期の下降トレンドは継続中、その中で一旦リバウンド局面を迎えていると言う状況で、株式市場を取り巻く状況に大きな変化が無い限りは当面の上値は限定的です。
テクニカル的に考えるなら、日経平均の当面の上値目処は22200円~22400円付近、米中情勢の変化や円相場次第では多少の誤差は出て来ますが、直近の株価上昇はあくまでもこれまでの下げに対するリバウンド局面となります。
米中貿易摩擦の解決には長い時間が掛かりそうですが、株式市場の状況打破が期待出来そうな要因としては、今後本格化する日米主要企業の四半期決算発表です。
米中貿易摩擦への警戒が有っても、足元の企業業績が良好であれば、投資家心理も多少の改善は期待出来ます。
米中貿易摩擦を巡る懸念も一旦後退となっていますが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。