市況分析(8月20日前場情報)

市況分析(8月20日前場情報)

日経平均株価は39円安の22230円で前場を終了。先週末の米国市場はNYダウは110ドル高で続伸、2月下旬以来、半年振りの高値水準を回復。

ハイテク株の比率が高いナスダック指数は9P高と小幅高、米国市場の現状としては米中通商交渉再開を受けて、中国関連銘柄の多いNYダウが恩恵を受け易い状況です。

本日の日本市場は、円相場が110円40銭台まで円高が進み日経平均も売りに押される展開で小幅マイナス圏での推移。

先週末の米国市場で半導体株が下げた事が重しとなり、本日の日本市場でも半導体関連株の下落が指数を押し下げている状況です。

加えて今週は日米欧など主要な国の中央銀行総裁が一堂に会するジャクソンホール会合も控えており、トルコなど新興国通貨の急落などに関する見解にも注目が集まります。

先週はお盆休みの薄商いの中で8/13には21851円まで下落した日経平均でしたが、週末には米中通商交渉再開報道を好感して22270円まで戻して終了。

しかし米中通商交渉再開報道はすでに株価に織り込み済み、もう一段の上昇には新たな好材料の出現が必要です。

簡潔に言えば、米中通商交渉再開と言う事実は既に株価には織り込み完了、今後は新たな進展が待たれ、米通通商交渉が一段と進展すれば株価は上昇。

しかし米中通商交渉が難航すれば再度警戒が強まり株価は下落、今後の米中通商交渉の動向次第で株式市場も上下に振れると言う展開になると思います。

加えて今は一旦落ち着いているトルコリラやその他の新興国通貨の動向にも引き続き注意が必要です。

日経平均の現状をテクニカル的に見ても、7月中旬から続いている下降トレンドは今も継続中です。

下降トレンドが継続中と言う事は、一時的に株価が上昇しても戻り売りに頭を抑えられて再度下げに転じると言う事です。

ポイントになる上値の価格帯を上に抜けるまでは一時的に株価が上昇しても安心は出来ません。

米中通商交渉に再び警戒が強まらない限りは下値も限定的になると思いますが、米中通商交渉に新たな進展が無い限りは上値も限定的、ざっくりと言えばもう暫くは手掛け難いムードが投資家心理を支配する投資環境が続きます。

しかし最終的には・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。