市況分析(8月21日前場情報)

市況分析(8月21日前場情報)

日経平均株価は6円安の22192円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に上昇、米中貿易戦争への警戒が一旦後退した事が引き続き買い安心感に繋がっています。

22日と23日に米中事務レベルの貿易協議が開かれる予定で、既に11月に第3国での米中首脳会談を模索しているとの報道も出ており、貿易協議が進展するとの期待が米株式市場を支配しています。

しかし今週はジャクソンホール会議や対中報復関税に関する公聴会も有り、一段の強気にはやや慎重なムードも有ります。

ざっくりと言えば警戒よりも少し期待が勝る、それが昨夜の米国市場の現実です。

昨夜トランプ大統領がFRBの利上げを牽制するような発言をした事から円高が進み今日の日経平均も売りが先行するスタートで9時半頃には22053円まで下げ幅を拡大。

しかし円高一服と共に日経平均も下げ止まり、その後円安に振れると押し目買いで切り返して下げ幅を縮小。

今週はイベントが控えている事も有って様子見ムードが強く薄商い、短期筋の先物売買で日経平均も上下に振れているだけと言う感じで、まずは22日と23日に開かれる米中協議の結果を待つと言う感じです。

日本市場の現状をテクニカル面から見ると、25・75・200日移動平均線が22400円~22500円のゾーンに集中しており、当面はこの上値抵抗帯を上に抜ける事が出来るかどうかがポイントになります。

抜けるとすれば大きな好材料が出た時だと思いますが、可能性の1つとしては22日、23日の米中貿易協議の結果が良ければ一気に上に抜ける可能性は有ると思います。

上に抜けて一段高となれば、23000円付近まではすんなりと上昇するのでは無いかと思います。

逆に米中貿易協議の結果が悪ければ上値の重さがあらためて意識されて大きく下振れすると言う展開も有ると思います。

その場合は7/5安値水準の21462円付近がまずは下値目処になって来ると思います。

短期的には上下どちらに振れるかは22日から始まる米中貿易協議の結果にかかって来ますが、11月の米中首脳会談を視野に入れた上で交渉をすると言う事を考えると、悪い結果にはならないのでは無いかと思います。

今日は東証1部の騰落レシオも80%付近まで低下しており、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。