市況分析(8月21日後場情報)

市況分析(8月21日後場情報)

日経平均株価は77円安の19393円で終了。今日は小幅高で始まりましたが終わってみれば4日続落。
売買代金も出来高も低調で、売買代金は1兆7500億円程度、出来高も14億株程度に終りました。
今日から米韓合同軍事演習が始まる事、今週末にはジャクソンホール会合が控えている事、地政学リスクと欧米金融政策への警戒、冷静に考えれば日経平均の下落も妥当な展開。
朝方は円安に振れていた円相場も徐々に円高に振れ出し、今夜の海外市場では108円台に突入しそうな状況です。
円高に振れている理由としては北朝鮮リスクによる有事の円買い、それに加えて、欧米金融政策の正常化が当初見通しよりも緩やかになるのでは?との見方も円高要因。
海外要因で懸念材料が有り、円高が進む状況では当然日経平均は弱含みになります、そう言う意味では日経平均の軟調な展開も想定内の事で、過度に悲観的になる必要は有りません。
又、日経平均は軟調でも個別物色の動きは引き続き旺盛、銘柄重視の対応をする限り軟調な日経平均の値動きも気にしなくて良いと思います。
銘柄重視、下値不安が少なく吹き上げの可能性を持つ銘柄を重点的に買って行く、その様なスタンスであれば最終的には結果は付いて来ると思います。
日本市場の現状としては、北朝鮮情勢の緊張の高まりを受けて以降は売り優勢の展開に傾き、目先の下値を模索すると言う状況になっています。
テクニカル的には・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。