市況分析(8月23日前場情報)

市況分析(8月23日前場情報)

日経平均株価は41円高の22403円で前場を終了。昨夜の米国市場はハイテク株が多いナスダック指数は上昇して5日続伸となりました、NYダウは下落して5日ぶりに反落、トランプ政権のロシア疑惑などを巡る不透明感から一旦目先の利食いが先行する展開になりました。
トランプ大統領の元個人弁護士や選挙対策本部長が選挙資金法違反で共に有罪となり、政権運営に及ぼす悪影響が警戒されると言う展開。
しかし新たに飛び出した悪材料でもなく、既に株式市場ではロシア疑惑に関する警戒は織り込み済み。
米株式市場の本質は政治よりも実体経済です、現状ではさほど大きな悪影響は無いと思いますので過度に警戒する必要も有りません。
7/31~8/1に開かれた米FOMCの議事要旨が発表されましたが、内容としては9月の利上げはほぼ確実と言う内容。
利上げに不快感を示しているトランプ大統領ですが、緩やかな利上げを続けると言うFRBの姿勢に変わりは無いようで、円相場に関しては円安要因として作用すると思います。
23日まで米中貿易協議が行われる予定ですので、今まさに協議の真っ最中と言う状況ですが、早ければ今夜には、遅くとも明日の日本市場が始まるまでには米中貿易協議の結果も明らかになるのではないかと思います。
今日の日本市場もまずは円安を好感して上昇、加えて米中貿易協議への期待も加わり22400円台まで上昇しています。
目先のテクニカル的な大きな上値の壁が22500円付近になりますので、上に抜ける事が出来るかどうか?後場の注目となります。
FRBの利上げ継続スタンスが確認出来た事は円安要因で株価上昇要因になりますが、米中貿易協議に関しては今はまだ期待が先行している状況です。
このまま結果が期待通り、又は期待を上回る結果になれば株式市場の投資家心理も一段と好転します。
しかし米中貿易協議の結果が思わしくなかった時には失望売りの動きが強まりますのでそうなれば日経平均も急反落、結果を確認するまでは慎重な対応が必要です。
ざっくりと言えば明日になれば全ては明らかになる、そう言う意味では今日の日経平均の値動きも、期待が先行している状況ですので余り当てにはなりません。
なかなか先行きへの不透明感が晴れない株式市場ですが、米中貿易戦争も最終的には一旦終戦と言う局面が来ますので、過度に警戒する必要は無いと思いますが、そこに至るまでにはまだ乱高下を繰り返すような場面が有ると思います。
今後の対応としては、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。

乱高下の下げ場面が来た時に安値買いを狙い、乱高下の上昇局面では一旦利食いを実行する、その様に上げ下げの波を捉えて、柔軟に対応して行けば良いと思います。
言い換えれば乱高下のない状況では無理に動かず、それが乱高下の時に動ける事にも繋がりますので、もう暫くは状況の推移を見守ると言うスタンスが最善です。