市況分析(8月25日後場情報)

市況分析(8月25日後場情報)

日経平均株価は98円高の19452円で終了。昨日は80円安の日経平均でしたが今日は98円高となり、昨日の下げ分を取戻して終ると言う展開。
ジャクソンホール会合の結果を見極めたいと言うムードが強く、今日は日経平均も上昇しましたが、昨日売っていた投資家の買戻しが中心。
上下に振れながらジャクソンホール会合の結果を待つ、今週はざっくりと言えばその様な展開でした。
しかし銘柄重視の個別物色の動きは旺盛で、日経平均は軟調でも相場の中身を見れば何も問題は有りません。来週も引き続き銘柄重視の投資をして行けば良いと思います。
ジャクソンホール会合の結果も、株価を大きく動かすようなサプライズの発言は無いと思います。
今は北朝鮮情勢の不透明感とトランプ政権の迷走なども有り、ジャクソンホール会合の結果を見極める前に敢えて動く必要は無いと言う局面です。
しかしジャクソンホール会合を通過すれば、一つの警戒材料は無くなりますので、個別物色の動きは強まり易いと思います。
日経平均が大きく動くには主力銘柄が買われる必要が有りますが、北朝鮮情勢などを考えるとそれも難しいと思います。又日々の売買代金も低調で、日経平均を大きく動かすには今は資金不足。
そうなるとおのずと少ない資金でも株価が大きく動き易い小型株に物色資金も向かい易くなります。
北朝鮮情勢が有る程度落ち着くまでは当面その様な状況は続きますので小型株優位の投資環境が続く、その様に考えて良いと思います。
日本市場の現状としては・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。