市況分析(8月31日前場情報)

市況分析(8月31日前場情報)

日経平均株価は39円安の22830円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に下落して5日ぶりに反落、トランプ大統領が来週にも2000億ドル相当の中国製品に追加関税を発動する考えを示した事から株式市場も警戒売りが強まると言う展開に。

先日にはメキシコとNAFTA再交渉で合意した事を好感して上昇した米国株でしたが、あらためて米中貿易戦争への警戒が強まると言う状況。

しかしメキシコとのNAFTA再交渉の合意によって、対中国には一段と強気に出る事は想定内の事で、現状では過度に悲観する事も有りません。

米中貿易戦争は継続中で、折に触れて色々な発言が出て来る事は当然の事です、しかし本質的には米中貿易摩擦解消に向けての交渉の一部です。

最終的には合意に達するとしても、そこに至るまでには紆余曲折が有ります、その都度株式市場も上下に振れると言う展開になりますが、上昇して強気にならず、下落して弱気にならず、米中貿易戦争が解決するまではその様に対応して行けばさほど問題は無いと思います。

昨夜の米国株が下落し、円相場も円高が進んでいる事から本日の日経平均も売りが先行する展開で下落、一時22678円まで下げ幅を広げました。

しかし目先の売りが一巡すると押し目買いで下げ渋り、ジリジリと下げ幅を縮めています。

昨日まで日経平均は8日続伸で、今日も下がった局面では押し目買いが入るなど、依然大きな流れは上を向いて動いていると言う感じの展開です。

正直その強気はどこから生まれるのか?と言う疑問も有りますが、日本企業の9月中間決算への期待や、自民党総裁選での安倍総理の勝利、又は米中貿易戦争の終わりは近いと見ているのか?

直近の日経平均の値動きにはやや違和感を感じる部分が多々有ります。

8/28以降、連日のように日経平均は23000円乗せにチャレンジしていますが、結果的には全て押し戻されて、ワンタッチはしても、23000円を維持する事は出来ません。

ジリジリと水準を切り上げつつも23000円付近の上値も重い、この膠着した展開を打ち破るには、この先どんな材料が出て来るのか?それに尽きると思います。

昨年末の日経平均の終値は22764円、そして今年の1月には24129円まで上昇しましたがその後下げに転じて3月には一時20347円まで下落。

その後下げを取戻す上昇が有り、5月には23050円まで上昇、そしてその後は上げ下げを繰り返す展開で23000円付近が上値の壁となって現在至り、今日の前場の終値は22830円です。

ざっくりと言えば、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。