市況分析(9月11日後場情報)

市況分析(9月11日後場情報)

日経平均株価は291円高の22664円で終了。昨夜の米国市場でハイテク株が買われた流れを引き継ぎ、本日の日本市場でもハイテク株への買いが強まり日経平均を押し上げました。

円安進行も追い風になりましたが、米中貿易戦争を巡る先行き不透明感や今週末のメジャーSQを考えると、今日の日経平均の上昇も、SQに向けての投機的な動きと言う感じがします。

今日に関しては円安進行以外には大きな手掛かり材料はなく、300円近くも上昇するような投資環境では無いと思います。ざっくりと言って、週末のSQに向けての買い仕掛け、そう見るのが妥当だと思います。

米中情勢を睨みながら、売りも買いも手掛け難いと言う相場状況ですので、投機筋が上下どちらでも、仕掛け的な動きを強めれば日経平均も動き易い、今はその様な状況です。

明日以降も日々手掛かり材料となる要因次第で日経平均も上下に振れると言う展開になりますので日々の値動きも始まって見なければ解らない、その様な感じです。

日々の上げ下げは有れども、大局的に見ればレンジ相場が続いていると言う状況に変化はなく、ざっくりと言えば日経平均23000円~22000円のゾーンでの値動きが暫くは続きそうな状況です。

米中情勢や円相場の動向などによって、時には23000円に近づき、時には22000円に近づく、それが当面想定される日経平均の値動きです。

個々の銘柄に対する物色も、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。