市況分析(9月18日前場情報)

市況分析(9月18日前場情報)

日経平均株価は248円高の23342円で前場を終了。トランプ大統領は昨夜2000億ドル相当の中国製品に対して10%の追加関税を課すと発表。

スマートウォッチなど一部の製品への追加関税は適用除外になりましたが、追加関税は24日に発動され、年末には税率が25%に引き上げられるとの事。

更に中国が報復措置を講じる場合には、新たに2670億ドル相当の中国製品に追加関税を課す事を検討する、その様な内容になっています。

米中貿易戦争の激化を警戒して昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に下落、円相場も円高が進む中で今日の日本市場もはじまりましたが、日経平均は予想外の展開で上昇。

米中貿易戦争激化、米国株、中国株は下落し、円相場は円高に振れ、今週末には厳しい交渉が予想される日米貿易協議を控え、正直なところ今日の日経平均の上昇には大きな違和感を感じます。

テクニカル的にはこれまで上値の壁となっていた23000円付近を突破し、需給的には上昇しても何らおかしくは無い状況では有りますが、米中貿易戦争が一段と激しくなる状況を考えると楽観に傾き過ぎているのではないかと感じる展開です。

しかし日経平均の上昇に違和感を感じていても、目の前の現実は日経平均が上昇しており、ここ数年は9月から年末にかけては上昇する展開が続いている日本市場です。

理屈よりも目の前の現実を重視する事も必要、米中貿易戦争の悪影響を受け難い内需系の銘柄でリスクを低減しつつ、尚且つテーマ性を持つ銘柄で好業績、その様な銘柄で買いを考えて見たいと思います。

但しこの先一時的には・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。