市況分析(9月19日前場情報)

市況分析(9月19日前場情報)

日経平均株価は356円高の23776円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に上昇して反発。2000億ドル相当の中国製品への追加関税発動も、経済全体への悪影響は限定的との見方から株式市場も買い戻しが強まる展開に。

中国への追加関税発動に対して、日本を始め中国や欧州市場も総じて堅調な展開でしたので米国市場でも過度な警戒が後退。

正直なところ楽観に傾き過ぎているように感じますが、言い方は悪いですが「赤信号、皆で渡れば恐くない」その様な状況になっています。

又、違う見方としては、追加関税の報復合戦の結果、米国と中国でインフレが高まりそれが世界にも広がる、インフレ相場を先取りした動きとの見方も有ります。

又は、米中貿易戦争激化で、米中両国共に景気が減速しないように景気対策が順次発動されるのでは?との見方も出ています。

日本でも既に、来年の消費税の引き上げを前に、景気対策の発動はほぼ決まっており、自民党総裁選挙で安倍氏が勝利し、安倍政権の継続が決定すれば年内にも景気対策の規模や内容が明らかになると思います。

何はともあれ、米中貿易戦争が一段と激化して株式市場が上昇すると言う摩訶不思議な展開になっていますが、これも現実、基本的な考え方を少し修正して行かなければならないかもしれません。

米中貿易戦争が激化すれば株式市場は悲観が強まり下落すると見ていましたが、根本的な考え方を少し修正する必要が有るのかもしれません。

今は日経平均主導で上昇していますので東証1部の大型株中心に上昇していますが、この動きが一巡すれば次は2部株や新興市場株、材料株へと物色も変化して来ます。

その時が今持っている銘柄が上昇する時になりますので持ち株が上昇するのはもう少し先になりますが、投資スタンスとしてはその時期を待つと言う対応で良いと思います。

新規の買い出動に関しては今は買いたい気持ちをぐっと我慢してこの先適度な調整安を待ち、押し目買いを狙うと言うスタンスがやはり最善だと思います。

この先の相場展開としては、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。