市況分析(9月26日後場情報)

市況分析(9月26日後場情報)

日経平均株価は93円高の24033円で終了。今日は9月中間配当落ち分が160円ほど有りましたが、終って見れば配当落ち分を即日埋める展開で日経平均は上昇。

配当落ち分を加えれば今日は253円高になりますので非常に強い展開だと思います。

日米貿易協議や日米首脳会談への警戒も、自動車への追加関税は回避出来るとの見方が大勢、米FOMCも円安要因になるとの見方が強く、主要企業の一段の業績拡大を期待した動きが強まっている感じです。

更に安倍政権継続によって10月の国会では補正予算が組まれ、今年起きた自然災害の復旧と、来年の消費税引き上げに備えた景気対策への期待も高まっています。

しかし今日は日経平均は大きく上昇していますが、中身を見れば下落している銘柄も多く、今日に関してはやや先物主導で上げたと言う感じも有ります。

又騰落レシオや25日移動平均線に対する上方乖離も拡大しており、テクニカル面から見れば一旦適度な調整安は近いと言う状況です。

しかし短期の上げ下げの波は有っても、年末に向けて上昇基調が続くと言う可能性は高く、投資スタンスとしては押し目買いを基本に対応して行く投資環境に変わりは有りません。

ざっくりと言えば、先駆して上げている銘柄は買わず、出遅れ感の有るまだ上がっていない銘柄を中心に買いを考え、又は年末までを視野に入れて少し長めのスタンスで投資を考える。

その様な対応であれば短期的な過熱感や、一時的に調整安が強まったとしても本質的には何ら気にする事は有りません。

大きな流れとしては・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。