ランキング7位 ゼニス羽田HD (5289) 【獲得利回り:39% ↗︎】

ランキング7位 ゼニス羽田HD (5289) 【獲得利回り:39% ↗︎】

日足

週足

エントリー価格(円)
231
エグジット価格(円)
320
獲得利回り(%)
39


【推奨後の株価推移および獲得利益】

推奨株価:231円(2016/08/25

エントリー時株価:231円(2016/08/25)

利食い時株価:320円(2016/09/05)

獲得利益:89円            獲得利回り:39% ↗︎



【推奨時2016年08月25日当日に配信されたレポート】

日経平均株価は42円安の16555円で前場を終了。昨夜の米国株は反落、米国の在庫増加を嫌気して原油先物相場が下落、加えて26日のイエレンFRB議長の講演を控えて、ポジション解消売りも強まると言う展開。
本日の日本市場も米国株安を受けて売り先行で始まりましたが、円相場は100円台を維持しており、下値では日銀のETF買いが有ると言う心理から売り一巡後は下げ幅を縮小。
日々の上げ下げは有りますが、本質的には26日のイエレンFRB議長の講演待ちと言う状況に変わりは有りません。
昨日も述べましたが、仮に26日のイエレンFRB議長の講演を通過しても、次は9/2の米雇用統計が意識され、米雇用統計を通過すれば次は9月の日銀金融政策決定会合が意識されると言う感じになると思います。
裏を返せばそれだけ今は手掛かり材料がないと言う状況です、見送り材料を見つけては様子見ムードが強まる、一つのイベントを通過すれば次のイベントが気になると言う感じできりが有りません。
週末のイエレンFRB議長の講演内容を確認するまでは慎重な対応を続けますが、安値待ち伏せ対応であれば特に問題は無いと思います。

今日は内需系の材料株として東証2部、5289ゼニス羽田HD(前場終値231円)の買い推奨をしたいと思います。同社はハネックスと日本ゼニスパイプが経営統合して誕生、防災・雨水向けコンクリ2次製品が主力。小池百合子東京都知事が選挙戦で電線地中化を公約に掲げて当選、政府も経済対策、防災の観点から電線地中化を進める方針を打ち出しています。同社は道路下に設置されるスロープホール(電線共同溝)を手掛けている事から関連銘柄として人気化、8/1には324円まで株価も上昇しています。その後は一旦調整入りの動きになりましたが、200円付近で下げ止まり株価は反発、再度動意付く動きを見せています。
テクニカル的には上昇トレンドは継続しており、投資スタンスは押し目買い有利、今期1株利益見通しは26円、同社1株純資産は297円有り、先々電線地中化推進による特需を考えれば現在の株価には割安感も有ります。テクニカル的には220円~200円のゾーンが目先の下値支持帯になりますが、同社株は100株単位で買えますので、230円前後から200円付近までを想定した上で、少しずつ安値を買い下がりたいと思います。当面は8/1高値水準の320円付近が上値目処になりますので利食い目処は320円接近時、但し160円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。電線地中化関連の割安株として安値を仕込み吹き上げを待つと言う対応が良いと思います。